こんにちは!

LOHAS事業プロデューサーの坂本歩惟です。

 

個人でシゴトをしていると、
事務作業や集客、アイディア構築から全部自分でやることになるので、

毎日せわしない方も多いのではないでしょうか?^^

 

私も、今はチームを組んで活動していますが、
それでも、目指すところが大きければ大きいほど、日々目の前のやるべきことに追われるときが、しょっちゅうあります。

 

そうなると、
当初、あれだけワクワクしていたビジョンに対して、

目の前の作業をこなすことがゴールになって、
自分の時間が取れなくなったりして、

フラストレーションがたまって、

吐き出しどころがなく、イラっとすることも多々ありましたが(笑)

自分に問いかけることをしていくと、

やっぱりものすんごくシンプルであることに気付かされます。

 

 

”世の中に、粘り強さに勝るものはない。
才能ではだめだ。才能があっても、成功を収められない人はあまりに多い。
天才もだめだ。一生報われない天才もよく聞く話だ。
教育もだめだ。教育を受けても、世間には多くの落伍者がいる。

「顔晴ろう」。この標語が、いつも、いつまでも、人類の問題を解決するのだ。”

ー 第30代合衆国大統領、カルビン・クーリッジ ー

 

この言葉の通り、才能とか、真面目に教育を受けたとか、

そういうことじゃなくて、

結局のところ、人が、自分が思っている以上のチカラを発揮できる原動力って、

やりたいか?やりたくないか?

この2択なんだなと。

 

もし、迷っていることや、答えの見えない迷路にハマってしまった方がいたら、
ぜひこの視点で考えてみてください^^